65歳以降も希望者全員が安心して働ける雇用制度の導入について

  「ニッポン一億総活躍プラン」 (平成28年6月2日閣議決定)は「生涯現役社会」の構築を図ります。

  65歳以降の定年の引き上げや66歳以降の継続雇用延長の導入を行う企業を支援するために、65歳超雇用推進助成金を創設しました。

 平成28年10月19日以降に労働協約又は就業規則に以下の制度を制定し、制度を実施した場合(1事業主につき1回限り)に助成します。

 

導入する制度  助成額 
(1)  65歳への定年引上げ  100万円
(2)  66歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止  120万円
(3)  希望者全員を66歳~69歳までの継続雇用する制度の導入  60万円
(4)  希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入

 80万円

 

※(1)~(4)の複数の制度を合わせて導入した場合はもっとも高い額のみ支給します。

 

 お問い合わせ、ご相談、申請等については、独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構北海道支部(電話011-622-3351) が窓口となります。

 

この助成金の詳細についてはこちら(厚生労働省のホームページへ移動します) 

北海道労働局 職業安定部 〒060-8566 札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・6・9F

TEL : 011-709-2311

Copyright(c)2000-2017 Hokkaido Labour Bureau. All rights reserved.