雇用保険の加入に関すること

 

○事業主は雇用保険にかならず加入しなければならないのですか。

○事業を開始して雇用保険に加入する場合の手続きはどのようにしたらよいですか。

○事業主に雇用されている労働者は、誰でも雇用保険の被保険者になれるのですか。

○アルバイトやパートタイム労働者は雇用保険の被保険者となりますか。

○取締役は、被保険者となりますか。

○新たに労働者を雇い入れたときの雇用保険の手続きはどのようにしたらよいですか。

○雇用保険被保険者証を紛失してしまいました。

○被保険者が離職した場合の事業主が行う手続きはどのようにしたらよいですか。

○離職後一定期間が経過しても離職票の交付を受けることができますか。

○在籍期間が短く、受給資格を満たさない離職証明書であっても公共職業安定所に提出する必要がありますか。

○定年退職後、嘱託として再雇用された場合に何か手続きが必要ですか。

○2つ以上の勤務先がある場合はどちらの事業主が雇用保険に加入するのですか。

○病気などで長期欠勤している場合はどのようにしたらよいですか。

○事業所を廃止したときの雇用保険の手続きはありますか。

○短時間労働被保険者区分(短時間被保険者)の廃止に伴い、事業主が行う資格取得届等の手続はどのように変わるのですか。

○60歳を過ぎてからも働き続けると雇用保険から給付があると聞きましたが。

○育児休業期間中について、所定給付日数の算定基礎期間から除くこととされていますが、どのような取扱いになるのですか。

○介護休業給付を受けられるのは要介護者一人につき1回までですか。

○雇用保険の加入期間を調べたいのですが。

このページのトップに戻る

北海道労働局 職業安定部 〒060-8566 札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・6・9F

TEL : 011-709-2311

Copyright(c)2000-2017 Hokkaido Labour Bureau. All rights reserved.